金属床義歯ならばより食事を楽しめる!?メリットとデメリットとは。 | 二子玉川 歯医者 – 大熊歯科医院

ムシバニシナイ

0120-648-247

東京都世田谷区玉川3-21-8 ジャルダン長崎1F

【月・火・水・金】 9:30~13:30 / 15:00~19:30
【木】 9:30~13:30 ※午後は往診
【土曜日】 9:30~13:30 / 15:00~18:30
【休診日】 日・祝祭日

金属床義歯ならばより食事を楽しめる!?メリットとデメリットとは。

金属床入れ歯とは?

金属床 入れ歯

金属床入れ歯とは、入れ歯の床(しょう:歯茎に囲まれた半円型の面で舌が触れる場所)が金属でできている入れ歯です。

金属の種類はチタンや金合金などがあり、コバルトクロムが主流です。

保険が適用しない自費診療の入れ歯ですが、装着時の違和感の少なさや食べ物の温度がわかることが魅力の入れ歯です。

金属床のメリットとデメリット

メリット

  • 装着時の違和感が少ない
  • 話しやすい
  • 食べ物の温度が伝わりやすい

床が厚い入れ歯は口の中で違和感があり、吐き気を催したり話しにくく感じます。金属は強度に優れているため、保険でつくるプラスチック製の入れ歯より床を薄くつくることができます。そのため、装着時の違和感が少なく話しやすい設計です。

また、金属には熱を伝えやすいという特徴があります。温かい料理やお茶だけでなく、冷たい麦茶やデザートもおいしくいただけます。

デメリット

  • 金属アレルギーの方は使えない
  • 今後、金属アレルギーになる可能性がある
  • 修理に時間がかかる

どんなお口の状態でも広く適用できるタイプの入れ歯ですが、金属アレルギーをお持ちの方は使うことができません。今まで金属アレルギーを持っていない方でも、金属床の入れ歯を使うようになってからアレルギーを発症する方が稀にいらっしゃいます。

また、金属ですので簡単には壊れませんが、修理や調整の必要がある場合は時間がかかることがデメリットです。

こんな方に向いています

食事

  • 今まで通り食事を楽しみたい方
  • 装着時の違和感・吐き気が気になる方

食事は味だけでなく、温度感覚も大切です。食べ物の温かさ・冷たさを伝えることができる入れ歯ですので、今までと変わらず食事を楽しみたい方におすすめです。

金属なので噛んだ時のたわみが少なく、安定した噛み心地も食事を楽しめる秘訣です。

現在お使いの入れ歯の床の厚みによる違和感で吐き気を催してしまう方にも金属床入れ歯はおすすめです。床部分が薄いので粘膜にフィットしやすく、違和感が少なくなります。

 

大熊歯科は虫歯や歯周病、入れ歯など、幅広いお悩みを解決します。

東京都世田谷区玉川3-21-8 ジャルダン長崎1F  TEL:0120-648-247

二子玉川の歯医者:大熊歯科医院

医院案内

〒180-0004
東京都世田谷区玉川3-21-8
ジャルダン長崎1F

℡ 0120-648-247

地図・アクセス

診療時間

月・火・水・金
9:30~13:30 / 15:00~19:30
9:30~13:30 ※午後は往診
土曜日
9:30~13:30 / 15:00~18:30
休診日
日・祝祭日
入れ歯バナー 提携医院バナー 歯のコラム
大熊歯科のロゴ

ページトップ