インプラントと入れ歯で迷う。それぞれのメリットとデメリットを比較しましょう。 | 二子玉川 歯医者 – 大熊歯科医院

ムシバニシナイ

0120-648-247

東京都世田谷区玉川3-21-8 ジャルダン長崎1F

【月・火・水・金】 9:30~13:30 / 15:00~19:30
【木】 9:30~13:30 ※午後は往診
【土曜日】 9:30~13:30 / 15:00~18:30
【休診日】 日・祝祭日

インプラントと入れ歯で迷う。それぞれのメリットとデメリットを比較しましょう。

インプラント治療、入れ歯とは?

考える

インプラント治療と入れ歯は、どちらも歯を失った場合の治療法です。両者の最大のちがいは、人工的な歯の根っこを埋め込むかどうかにあります。人工的な歯の根っこを埋め込むのがインプラント治療、そうでないのが入れ歯です。

インプラント治療は、人工的な歯の根っこを顎の骨に埋め込んだあと人工の歯を装着します。歯の根っこは金属製ですが2~6ヶ月の時間をかけて顎の骨と結合させるので、周囲の歯に支えてもらわなくても1本だけで自立します。インプラントの歯は自分で取り外すことはできません。

入れ歯は人工的な歯の根っこを持たず、人工の歯のみを装着します。部分入れ歯の場合は周囲の歯に留め具を付けて固定し、総入れ歯の場合は歯茎や粘膜を使って固定します。どちらも自分で取り外しが可能です。

それぞれの特徴、メリットとデメリットは?

インプラント治療の特徴

インプラント

インプラント治療の特徴は、なんと言っても「人工的な歯の根っこ」です。歯を失ったときの治療の中で歯の根っこからつくることができるのはインプラント治療だけです。

メリット

歯の根っこがしっかりとあるため噛みごたえは天然歯とほぼ変わりません。また、歯1本だけで自立できるので留め具によって周囲の歯に負担をかけずに済み、見た目もきれいです。

デメリット

人工の歯の根っこを顎の骨に埋め込むため、外科手術が必要です。糖尿病や高血圧の方は、手術時の傷の治りが遅いと感染症の恐れがあることや、骨をつくる細胞・機能が低下している可能性があるため手術を受けることができない時もあります。また、骨粗鬆症や歯周病で顎の骨量が少ない方も手術を受けることができません。

歯の根っこと骨をしっかりと結合させるためには2~6ヶ月かかり、治療完了までには1年以上かかります。

入れ歯の特徴

入れ歯

入れ歯の特徴は、どなたでもお口の中の状況に合わせた治療ができることです。

メリット

残っている歯の本数や口の中の状態に関わらず治療ができ、一度つくった入れ歯は歯茎が痩せる等で合わなくなっても調整ができます。歯の根っこがないため、手術不要・短時間で治療が完了します。

デメリット

歯の根っこがないため噛む力が天然歯の20~30%程度になり、硬い食べ物などが食べにくくなります。留め具で固定する場合は、留め具が付いている歯に負担がかかり傷む可能性があります。

 

大熊歯科は虫歯や歯周病、入れ歯など、幅広いお悩みを解決します。

東京都世田谷区玉川3-21-8 ジャルダン長崎1F  TEL:0120-648-247

二子玉川の歯医者:大熊歯科医院

医院案内

〒180-0004
東京都世田谷区玉川3-21-8
ジャルダン長崎1F

℡ 0120-648-247

地図・アクセス

診療時間

月・火・水・金
9:30~13:30 / 15:00~19:30
9:30~13:30 ※午後は往診
土曜日
9:30~13:30 / 15:00~18:30
休診日
日・祝祭日
入れ歯バナー 提携医院バナー 歯のコラム
大熊歯科のロゴ

ページトップ