見た目が美しく、耐久性もあるホワイトクラスプデンチャーも選択肢の一つに。 | 二子玉川 歯医者 – 大熊歯科医院

ムシバニシナイ

0120-648-247

東京都世田谷区玉川3-21-8 ジャルダン長崎1F

【月・火・水・金】 9:30~13:30 / 15:00~19:30
【木】 9:30~13:30 ※午後は往診
【土曜日】 9:30~13:30 / 15:00~18:30
【休診日】 日・祝祭日

見た目が美しく、耐久性もあるホワイトクラスプデンチャーも選択肢の一つに。

1.ホワイトクラスプデンチャーってどんなもの?

入れ歯

ホワイトクラスプデンチャーは留め具が白色の樹脂でつくられている部分入れ歯です。

通常の部分入れ歯は固定するための留め具が金属でつくられているため、入れ歯をしていることが見た目でわかってしまうという欠点があります。
しかし、ホワイトクラスプデンチャーは白色のアセタル樹脂を留め具に使用しているため、装着時の見た目が美しく、入れ歯をしていることが気付かれにくくなります。

見た目にこだわった入れ歯ですので、保険は適用できず自費診療になります。

2.メリット、デメリット

笑顔

最大のメリットは、「見た目の美しさ」です。口元の美しさは自信につながります。入れ歯にしたことで口元にコンプレックスを感じてしまうと、人前で話す・笑う・食事をすることが億劫になり顔の表情も暗くなりがちです。これからも変わらない生活をするための入れ歯ですので、コンプレックスの原因にならないように選んでいただければと思います。

また、金属を使用しない入れ歯なので金属アレルギーの方も安心してお使いいただけます。さらに、硬い金属の留め具よりも装着感が良いという点もメリットです。

デメリットは、保険が適用できないため費用がかかることです。

また、保険適用の金属留め具を使用した部分入れ歯よりは強度が低いこともデメリットです。樹脂と金属を比べると、強度の面ではやはり金属が勝ります。しかし、当院がホワイトクラスプデンチャーの留め具に使用しているアセタル樹脂は耐久性と耐摩耗性に優れた歯科用の樹脂です。素材強度の比較では劣りますが、入れ歯としてお使いいただく分には問題ありません。

3.特徴を活かす使用方法(適している人、適していない人)

治療費

ホワイトクラスプデンチャーの特徴は「見た目の美しさ」にあります。
ですので、入れ歯をつけていることを周囲の人に気付かれたくない方におすすめです。

逆に、費用を抑えて入れ歯をつくりたい方や見た目を気にしない方には向いていません。
ホワイトクラスプデンチャーの構造は、保険適用の金属クラスプの入れ歯と同じです。金属クラスプの見た目を改良したものがホワイトクラスプデンチャーになります。

 

大熊歯科は虫歯や歯周病、入れ歯など、幅広いお悩みを解決します。

東京都世田谷区玉川3-21-8 ジャルダン長崎1F  TEL:0120-648-247

二子玉川の歯医者:大熊歯科医院

医院案内

〒180-0004
東京都世田谷区玉川3-21-8
ジャルダン長崎1F

℡ 0120-648-247

地図・アクセス

診療時間

月・火・水・金
9:30~13:30 / 15:00~19:30
9:30~13:30 ※午後は往診
土曜日
9:30~13:30 / 15:00~18:30
休診日
日・祝祭日
入れ歯バナー 提携医院バナー 歯のコラム
大熊歯科のロゴ

ページトップ