入れ歯で話にくいと感じる。お悩み別の入れ歯に慣れるための工夫 | 二子玉川 歯医者 – 大熊歯科医院

ムシバニシナイ

0120-648-247

東京都世田谷区玉川3-21-8 ジャルダン長崎1F

【月・火・水・金】 9:30~13:30 / 15:00~19:30
【木】 9:30~13:30 ※午後は往診
【土曜日】 9:30~13:30 / 15:00~18:30
【休診日】 日・祝祭日

入れ歯で話にくいと感じる。お悩み別の入れ歯に慣れるための工夫

入れ歯を使いこなすには慣れが大切です

入れ歯とは食べ物を噛んで食べる機能や、発音の機能を取り戻すための補助装置です。
入れ歯という補助装置と快適に過ごして頂くためには、まずは慣れが必要になってきます。

お口の中は柔らかい粘膜でできているため、入れ歯を装着して一番始めに気になってしまうのが「違和感」です。
こればかりは、とにかく入れ歯を装着して装着感に慣れていきましょう。

  • 吐き気がする、気持ち悪くなってしまう
  • 唾液の分泌が収まらない
  • 歯茎が痛い

などの違和感・痛みが出てくることもありますが、慣れるまでの数週間は歯科医と相談し入れ歯の調整をしていきましょう。
早い方で数週間、遅い方でも1ヵ月ほどで入れ歯を上手に機能させることができます。

入れ歯で話しにくい、よい対処方法は?

入れ歯にした途端、発音が難しくなってしまったというお悩みは少なくありません。
歯と歯の間隔が変化するだけでなく、舌を動かせる範囲も変わってくるからです。

新しい歯、つまり入れ歯に合わせた舌の使い方、息の使い方を見直していく必要があります。
新聞や雑誌を音読してご自身の音声をレコーダーに発音を録音して、どの音の発音が苦手なのか確認してみましょう。
苦手な音が分かったら、繰り返し発音練習をしていきます。
ご家族やご友人に協力して頂くのも良い方法かと思います。

口周りの筋肉がしっかり使えているのか、口の開け方は十分かなども発音に関わってきますので、口周りをリラックスさせるなどのストレッチ(口を大きく開け閉めする、「あいうえお」と口の形を意識して発音する)も取り入れてみてください。

その他、入れ歯に関するお悩みと慣れるための工夫

1:入れ歯が痛い

新しい入れ歯を装着してから、痛みがでてしまうのは仕方のないことです。
通常1日~1週間で入れ歯装着時の痛みは気にならなくなります。

ただし食事もままならないほどの強い痛みがあったり、数日~1週間経過しても改善が見られなかったりするのであれば、入れ歯に不具合がある可能性が高いです。
歯科医に相談されることをお勧めします。

2:入れ歯が外れる

歯科医院での調整を重ねるうちに、入れ歯がフィットしてきて外れにくくなります。
何度調整をしても外れてしまう場合、入れ歯そのものがお口に合っていない可能性が高いです。
お口に入れ歯が合わなくなっているケースでは、歯科医と相談し、入れ歯を新しく作り直すことも含めて検討することをお勧めします。

3:食事がしにくい

入れ歯では噛む力が天然歯の1/2~1/3くらいです。
そのため硬い食べ物を噛もうとすると歯茎に力がかかり痛みがでることや、入れ歯がずれて噛みにくいと感じることもあります。

まずはお口にフィットするように細かい調整をくり返して行くことで、食事の際の違和感の改善を目指しましょう。

入れ歯によりお口の内部が覆われる面積が大きくなって、熱や冷たさ、食感に対して鈍くなり、食事が美味しくなくなると感じる方もいらっしゃいます。
自費で入れ歯を作るのであれば、温熱伝導がよく、食感をより感じやすい素材の入れ歯に変更が可能となりますので、お気軽にご相談くださいませ。

 

大熊歯科は虫歯や歯周病、入れ歯など、幅広いお悩みを解決します。

東京都世田谷区玉川3-21-8 ジャルダン長崎1F  TEL:0120-648-247

二子玉川の歯医者:大熊歯科医院

医院案内

〒180-0004
東京都世田谷区玉川3-21-8
ジャルダン長崎1F

℡ 0120-648-247

地図・アクセス

診療時間

月・火・水・金
9:30~13:30 / 15:00~19:30
9:30~13:30 ※午後は往診
土曜日
9:30~13:30 / 15:00~18:30
休診日
日・祝祭日
入れ歯バナー 提携医院バナー 歯のコラム
大熊歯科のロゴ

ページトップ