歯の着色が気になる・・。その原因と歯を白くするには? | 二子玉川 歯医者 – 大熊歯科医院

ムシバニシナイ

0120-648-247

東京都世田谷区玉川3-21-8 ジャルダン長崎1F

【月・火・水・金】 9:30~13:30 / 15:00~19:30
【木】 9:30~13:30 ※午後は往診
【土曜日】 9:30~13:30 / 15:00~18:30
【休診日】 日・祝祭日

歯の着色が気になる・・。その原因と歯を白くするには?

「歯の色がなんだか黄色っぽい」そんなお悩みはございませんか?ホワイトニングブームから、歯に着色や審美を気にされる患者様が増えてきています。

歯に着色する原因と、歯を元の白さに戻す方法を見ていくことにしましょう。

歯に着色する理由

歯に着色が生じる原因を見ていきましょう。

その1:食べ物の成分・色素によるもの

コーヒーやお茶、カレーなどに含まれる色素や成分により歯に着色が生じます。

例えば緑茶、紅茶、ウーロン茶といったお茶類では渋み成分のタンニンという成分。コーヒー、赤ワイン、チョコレートなどではポリフェノール、そしてカレーでは香辛料そのものの色が着色の原因になるのです。

この他にもタバコのヤニ、薬の色素なども着色の原因となります。

その2:歯の構造によるもの

歯の表面には「ペリクル」と呼ばれる薄い膜があり、虫歯から歯を守るバリアのような機能を果たしています。

その一方で、ペリクルはステインの元になるタンニンやニコチン、カルシウムや金属イオンなどを引き付ける性質を持ちます。

色のついた食べ物を摂した際には丁寧に口をゆすぐ、歯磨きをするなどの工夫で色素沈着を予防していきましょう。

歯を白くする方法~クリーニングについて

歯の表面の着色が気になるのであれば、まずはクリーニングをお勧めしております。クリーニングとは歯の表面に付いた歯垢・歯石(これらも歯が黄ばんで見える原因となります)、そして表面の汚れを取り除く作業です。

超音波スケーラーという振動で汚れを落とす機械や、ハンドスケーラーという手用器具、PMTCという特殊な機械を使用していきます。

効果は歯の表面についた汚れ・着色を取ることに限りますが、歯のクリーニングを行っただけでも随分と歯の色が白くなるため、ホワイトニングと混同されてしまう方も多いようです。

深部に達した着色を落とす~ホワイトニングについて

表面ではなく経年で内部にまで色素が沈着している場合や、象牙質の色そのものが黄色いケースでは歯そのものを白くする「ホワイトニング」をお勧めしております。消毒薬と同じ成分である過酸化水素を使って、歯に染み込んだ有機性の着色成分を分解・漂白するといメカニズムです。

歯科医院で行うオフィスホワイトニング、ご自宅で実践頂けるホームホワイトニング、両者の良いところを掛け合わせたデュエルホワイトニングからお選び頂けます。

「歯の着色だけで相談してもよいものだろうか」と迷われる必要はございません。いつでもお気軽にご相談くださいませ。患者様のライフスタイルに応じた最適なプランとケア方法を提案させて頂きます。

 

大熊歯科は虫歯や歯周病、入れ歯など、幅広いお悩みを解決します。

東京都世田谷区玉川3-21-8 ジャルダン長崎1F  TEL:0120-648-247

二子玉川の歯医者:大熊歯科医院

医院案内

〒180-0004
東京都世田谷区玉川3-21-8
ジャルダン長崎1F

℡ 0120-648-247

地図・アクセス

診療時間

月・火・水・金
9:30~13:30 / 15:00~19:30
9:30~13:30 ※午後は往診
土曜日
9:30~13:30 / 15:00~18:30
休診日
日・祝祭日
入れ歯バナー 提携医院バナー 歯のコラム
大熊歯科のロゴ

ページトップ