入れ歯は寝るときに外したほうがいいの? | 二子玉川 歯医者 – 大熊歯科医院

ムシバニシナイ

0120-648-247

東京都世田谷区玉川3-21-8 ジャルダン長崎1F

【月・火・水・金】 9:30~13:30 / 15:00~19:30
【木】 9:30~13:30 ※午後は往診
【土曜日】 9:30~13:30 / 15:00~18:30
【休診日】 日・祝祭日

入れ歯は寝るときに外したほうがいいの?

「入れ歯は就寝時に外した方が良い」と言われますが、実は外さない方が良いケースもあります。
寝る時に入れ歯を外した方が良いと言われる理由と、例外を見ていきましょう。

入れ歯を寝る時に外した方が良い理由1:歯茎を保護する

入れ歯をしている時には歯茎や顎が圧迫されがちです。こうした強い力が常に加わると顎の変形や、粘膜が入れ歯にあたり口内炎になることもあります
ただし次のようなケースでは入れ歯を外さなくても良いでしょう。

  • 入れ歯を入れないと顎が疲れてしまう
  • 噛み合わせの都合で就寝時に歯茎に変に力がかかってしまう
  • 入れ歯がないと落ち着いて眠れない
  • グラグラしている歯を入れ歯が支えているケース
  • 残っている歯が少なく、外して就寝すると残存歯にすべての噛む力がかかる場合

上記のような理由があって就寝時にも入れ歯を装着するのであれば、日中に入れ歯を数時間外す時間を設けて歯茎を休めるよう心掛けてください。

入れ歯を寝る時に外した方が良い理由2:細菌の繁殖を防ぐ

起床時に歯をしっかり磨いて就寝したにも関わらず、お口の中がネバネバとすることはありませんか?
就寝時には唾液の分泌量が低下してお口の中は乾燥気味になります。

殺菌効果のある唾液が減ることで、寝ている間にお口の中で虫歯菌、歯周病菌などが繁殖しやすい状態になるのです。

そんな状態で入れ歯がお口の中にあると、余計に菌の繁殖を拡散してしまいます。
お口のネバネバはもちろん、口臭の原因にもなりかねません。
入れ歯をしながら就寝するのであれば丁寧に磨き、綺麗な状態にしてからの装着を心掛けましょう。

年齢と共に唾液の分泌量は低下しますから、特に虫歯・歯周病の治療中であれば外しての就寝をおすすめします。

入れ歯を寝る時に外した方が良い理由3:入れ歯の誤飲を防ぐ

特に部分入れ歯のような小さな入れ歯では就寝中の誤飲が発生しやすいです。
中には総入れ歯に近い入れ歯でも誤飲の報告がされていますので、入れ歯が喉に入ったと気が付きにくい認知症の方、お年寄りの方は特に慎重になる必要があります。
外しての就寝がより安全だと言えるでしょう。

ご紹介してきましたように、個々人によって寝る時に入れ歯を入れた方がよいのか、そうでないのかは違ってきます。
どちらがより良い選択になるのかを患者様のライフスタイルやご希望に合わせてアドバイスさせて頂きますのでご相談下さいませ。

 

大熊歯科は虫歯や歯周病、入れ歯など、幅広いお悩みを解決します。

東京都世田谷区玉川3-21-8 ジャルダン長崎1F  TEL:0120-648-247

二子玉川の歯医者:大熊歯科医院

医院案内

〒180-0004
東京都世田谷区玉川3-21-8
ジャルダン長崎1F

℡ 0120-648-247

地図・アクセス

診療時間

月・火・水・金
9:30~13:30 / 15:00~19:30
9:30~13:30 ※午後は往診
土曜日
9:30~13:30 / 15:00~18:30
休診日
日・祝祭日
入れ歯バナー 提携医院バナー 歯のコラム
大熊歯科のロゴ

ページトップ